ニュース

新政府専用機「かっこいい」と評判 見物人が新千歳に多数

投稿日:

新政府専用機が北海道「新千歳」に到着

今までの「政府専用機」が古臭いと思っていた人も多いはず
来年の4月からは新しい「政府専用機」を使用することになる。

日本版「エアフォース・ワン」は新デザインで
「かっこいい」と評判になっている。

2018年8月17日の午前中、北海道の新千歳空港に着陸した。

現行の「政府専用機」は300回以上も活躍

現行機は1993年から活躍 ベースは米ボーイング社の『747―400』
を使用している。現行機は2機あるとのこと(1機だと思ってた)

そんなに飛んでないと思ったら、天皇陛下・首相を海外に
300回以上お連れしているらしい。

お疲れ様ですね。

来年の4月からは「新政府専用機」が使われる、

今回も2機購入されていて
もう1機は今年の12月ごろ到着するようです。

「新政府専用機」のベースは同様の米ボーイング社製で
『777―300ER』という機体です。

ちなみに1機370億円するそうです。

スポンサードリンク



エアフォースワンのように

今までは整備を日本航空に託していたが
今機からはANAが整備管理担当となる。

機内は映画で観たエアフォース・ワンのように
会議室・実務室はもちろん随行員や記者用の
スペースも用意されている。

別名「空飛ぶ官邸」といわれるほどの造りとなって
いるようだ。

政府、首相だけではなく、PKO派遣や邦人がトラブルに
巻き込まれた場合等にも使用される。

これは知らなかったが、1機飛ぶと、もう1機もすぐに飛び
何かあった時に控えるということになっているようだ。

見物人多数

さすが航空機ファンは情報が早く
カメラを持った航空機ファンが多数
詰めかけて、新政府専用機を
追いかけていた。

やはり口々に
「かっこいい」
「デザインがいい」
「赤いラインがかっこいい」
「素敵な機体」
と高評価のようだ。

スポンサードリンク



-ニュース
-, , , ,

Copyright© 明日はわからない!! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.