映画

「君の膵臓を食べたい」は「 生きるとは」を教えてくれると絶賛

投稿日:

「君の膵臓を食べたい」感動

住野よるさんのデビュー小説『君の膵臓をたべたい』

が映画化。小説でも読んで映画も観た。

久々に涙した映画となった。
「生きるとは」という課題を少し感じることができた作品。


https://www.pinterest.jp

『君の膵臓をたべたい』映画

本を読んでいて、ストーリーは大体わかっている
普通、小説を読んで映画を見に行く事はあまりないけど

本が良くて、何か気になって行ってみた。

結果、観て良かったと思う。

正直、高校生時代を演じた二人は演技が上手い訳ではない。
ま~それだけに感情が入るのかもしれないけど・・。

桜良(浜辺美波):「私が死んだら私の膵臓、君が食べてもいいよ」

僕(北村匠海):「君はさ、本当に死ぬの?」

桜良:「死ぬよ」

このセリフが不器用に響く。

『君の膵臓をたべたい』生きるとは


https://www.pinterest.jp

『君の膵臓をたべたい』の本自体、

最近流行りの
病気で亡くなる彼女や彼氏のただのお涙頂戴話だと
思っていた。

読む前にレビューを見たことで少し興味が出た。

「一度読んでください、ただのお涙物ではないですよ。
生きるとは・・。なんて考えさせられる本となりました」

このレビューに引っ掛かり読むことにしました。

小説:君の膵臓をたべたいは単純に良い本でした。

「生きるとは」

生きるってのはね、きっと誰かと心を通わせること。
そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ。
誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、
誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、
誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。
それが、生きる。自分たった一人じゃ、自分がいるってわからない。
誰かを好きなのに、誰かを嫌いな私、
誰かと一緒にいて楽しいのに誰かと一緒にいて鬱陶しいと思う私、
そういう人と私の関係が、他の人じゃない、
私が生きてるってことだと思う。

 

 

桜良が言う「人と心を通わせること」こそ「生きるということ」
という言葉が「僕」に突き刺さります。

人とのかかわりが下手に見える「僕」

人に興味を持たないから、人からも興味を持たれないんだろうね。
誰も損してないから、僕はそれでよかった。

生きることに貪欲な桜良

自分の「生きる時間」を知っている桜良は「僕」との関係を
恋愛にもしない、焦らないし、求めることもしない
ただ、自分が人と心を通わせる最後の人に僕を選んだ。

桜良と過ごした時間がとても大切な時間だったと
「僕」は気が付きます。

桜良は最後、「僕」と「生きた」ことに気持ちをぶつけて
関わることを「生きるとは」の答えにしたのです。

こんな感動を持って、本を読み終えたのですが

その「生きること」を証明した桜良の高校生活を
圧倒的に可愛い浜辺美波さんが演じたことで
余計に「悔しい」想いが増します。

こんな素敵な子がこんなに元気な子が
覚悟を持って「僕」と「心を通わせる」
後わずかしかない時間を

「生きるため」

本も映画もおすすめです。

「君の膵臓を食べたい」は「 生きるとは」を教えてくれますよ。


https://www.pinterest.jp

スポンサードリンク



-映画,
-, , , , ,

Copyright© 明日はわからない!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.