健康

歌丸さんが患っていたCOPDとは通称「たばこ病」

投稿日:

歌丸さんが最後まで闘った病気COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

7月2日、愛されていた、桂歌丸が亡くなった。
そして、最後まで闘った疾患が

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

別名「たばこ病」とも言われいるようです。

たばこの煙などに含まれる有害物質が原因で
肺が炎症を起こすため、呼吸が苦しくなるという
症状が出ます。

しかも、虚血性心疾患や肺がんへの心配も増えます。
もちろん、この病気のほとんどが喫煙者です。

たばこを吸う量や期間はそのまま
この疾患のリスクを高めてしまいます。

やはり、予防・治療には「禁煙」が不可欠になります。

スポンサードリンク




COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease
慢性閉塞性肺疾患の略称。有害ガスや粒子を吸い込むことで、肺は炎症反応を起こす。
この小さい、細かい有害物質は肺胞、末梢気道まで入り込み
炎症を起こします。

この、炎症に対して体は改善、修復しようとします。
修復する細胞が炎症と修復をくり返すことにより、

細胞で気道が盛り上がり狭くなっていくことで、狭窄
してしまいます。
結果、呼吸が苦しくなり、酷くなると呼吸困難を引き起こします。

スポンサードリンク




-健康
-, , ,

Copyright© 明日はわからない!! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.